賃貸オフィスを借りるなら設備や壁芯を確認しよう

メンズ
話し合い

会議スペースの確保

会議スペースを必要とする場合は、日本橋にもある貸し会議室を利用されることが多いです。利用する際は料金だけではなく、会議に必要な設備を有しているかどうかを見て判断しましょう。

もっと読む

デスクとPC

壁芯で確認

大阪にある賃貸事務所を有効活用するには、物件詳細の専有面積で壁芯を確認することが大切です。実際に稼働できる部分の大きさを把握することで、デッドスペースを生むことなく上手に空間を使うことができます。

もっと読む

設備をチェック

オフィス

ビジネスを成功させるために必要となる賃貸オフィスは、日本各地にあります。ただ、その中でも立地条件の良い渋谷区になってくると、多くの法人が狙っていることでしょう。渋谷区だと都内各地にアクセスすることもラクですし、立地条件で見てもプラスのイメージを持たれやすいです。そのため、いくら家賃が安くて広い郊外エリアよりも人気が高いわけです。ただ、渋谷区にあればどの賃貸オフィスであっても問題ないから契約していいわけではありません。むしろ、物件の条件や状態はしっかり確認した上で契約することが大切です。このあたりは物件詳細や現地見学で情報収集をするようにしておきましょう。

賃貸オフィスの契約をする際に絶対見ておきたいのは、設備。ビルの築年数や工法、さらにオーナーによってビルの中身は違います。ということは、それに付随する設備にも違いがあるので、最低限必要なものが揃っているかどうかを確認することが大切でしょう。例えば、4階や5階建ての低層階オフィスビルは、渋谷区であればオシャレなイメージの物件が多いです。ただ、このビル内には共用部にエレベーターがない、業務用エアコンが古い、セキュリティが甘いといった盲点があるケースも少なくありません。このあたりは契約する前に精査をし、日常的にオフィスとして利用して問題がないかを見極めておきたいところでしょう。賃貸オフィスの利便性次第で業務効率が変わることもあるので、オフィスに求める条件を整理しておくことが大切です。

部屋

UR賃貸住宅の活用

東京のような地価の高いエリアで社宅を手配する際は、UR賃貸住宅を活用するといいでしょう。礼金や仲介手数料、更新料が0円で、手続きが簡単なので導入がラクになります。

もっと読む